セレナの限界値引きを一度の商談で!

新型セレナ一発値引き交渉!

当サイトでは、1度の交渉だけでセレナから限界の値引き額を引き出す方法を紹介しています。時間がない方や交渉が面倒な方に最適です!

1度の交渉でセレナの限界値引きを引き出すには、事前の予算設定に全て掛かっています。あまり無茶な金額では、日産のセールスさんに断られてそこで終了です。

「その条件はかなり厳しいけど、やっちゃおうかな??」とセールスさんが思う絶妙な購入条件を設定しましょう。

以下の通りやれば難しくないので、是非実践してみてください!


新型セレナの目標値引き金額

車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定するといいでしょう。

新型セレナ車両本体からの目標値引き額(2017年1月現在)

20万円

オプション金額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的に値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+3万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5万円
11月~12月
(秋・年末商戦)
上記+3万円前後
※参考 セレナ実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、セレナの値引き合格ラインです。

また、購入する時期によっては、さらに値引きの上乗せが可能です。上記のタイミングでセレナを購入するなら値引きの上乗せ分も考慮に入れて、目標予算を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、愛車の相場を調べて予算組みをします。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの下取り車を最も高値で売るには?も参考に。

 

セレナの諸費用

セレナハイウェイスター Vセレクション+SafetyⅡの諸費用です。

車両本体価格とオプション価格に諸費用をプラスして、セレナの定価の総支払額を算出しましょう。

諸費用合計金額 167,429円

・自動車税(8月登録) 23,000円

・自動車取得税 27,900円

・自動車重量税 15,000円

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 12,190円

・登録諸費用 49,299円

 

セレナ一発値引き交渉!を仕掛ける


※セレナ 出典nissan.co.jp

上記を参考に、「セレナの購入グレード」「付けたいオプションパーツ」「諸費用」を計算したら、セレナの目標値引き額を引いて、購入目標の総予算額を出しておきましょう。

 

セレナ一発値引き交渉を成功させるには、「ライバル車と契約目前」の状態で日産へ行き、「車種にこだわりは無いので、条件次第ではライバル車を断ってセレナを契約してもいい」とやります。

セレナのライバル車は、トヨタのヴォクシーノアエスクァイアと、ホンダのステップワゴンです。このいずれかの車名を出せば、日産のセールスさんが強く反応するでしょう。

 

そして日産ディーラーに行ったら、「これからヴォクシーを契約する予定だが、車種にはこだわりがないので、こちらの条件が通ればトヨタは断って、セレナをこの場で契約してもいい」と言うような感じで、こちらの総予算額を伝えましょう。

もし断られたら、そのままお店を出るか、条件を緩くして「ではこの条件ではどうか?」と再度交渉することも出来ます。

 

設定した条件で譲れない時は、他の日産ディーラーで試してみましょう。同じ県内には経営の違うディーラーが複数ある地区が多いので、系列違いのディーラーなら商談可能です。また県外に出れば、基本会社も変わるので他県での日産ディーラーとの交渉が可能です。

こうして複数の日産ディーラーでセレナの一発交渉を仕掛ければ、あまりに無茶な条件でなければ、成功する確率が高まるでしょう。

 

購入条件を前もって伝えておく

セレナの購入が当分先でもよければ、前もってセールスさんにこちらの購入条件を伝えておく方法があります。

年度末決算セールや夏のボーナスフェア、9月の中間決算セールのセレナの値引きが大きくなる時期に合わせて、事前にセールスさんにこちらの購入条件を伝えて、「この条件で出来る時に連絡をください」とやります。

決算セールなどで、「どうしても今月中にあと一台欲しい」と言うタイミングになれば、セールスさんから連絡が来るかもしれません。

各セールやフェアの1ヶ月位前から、各日産ディーラーに伝えておくと良いでしょう。

この時伝える条件は、「ちょっと無理かな~?」と思う条件がちょうど良いです。たとえその条件で出来なくても、連絡が来ればかなりの値引き条件は通るはずです。

この方法も意外と成功するのでおすすめですよ!

 

セレナの値引き交渉が苦手でもセレナが安く買える方法

新車の値引き交渉が苦手な人も居ると思います。

そんな人のために、値引き交渉以外でセレナを安く買える方法を紹介します。

 

下取り車があればセレナの総額が安くなる

下取り車があるなら、下取り車を高く売る事でセレナの総支払額を下げる事が出来ますね。

下取り車がある場合、通常はディーラーに査定してもらうのが普通でしょう。

しかし、ディーラーによっては査定金額を低く見積もる事があるのです。

これは、買取専門店などと比べて、ディーラーが下取り車を処理するための経費が多くかかるためです。

営業マンの人件費や再販するための整備費など、買取を専門としていないため、どうしても経費が掛かってしまいます。

また、あえて下取り金額を低く見積もる事で、後々値引きの変わりに下取り金額をアップさせて、新車の契約を取る「セールステクニック」も考えられます。

以上の事から、ディーラーの下取り金額は低く見積もられるのです。

 

ディーラーの下取り金額に騙されないためには?

ディーラーの提示する下取り金額に騙されないためには、買取店に査定してもらうと良いでしょう。

買取店は、リアルタイムの中古車市場の相場から査定金額を出すので、ディーラーの下取りより平均して16万円高く買取る事が出来ます。(※大手買取店会社の統計より)

以前、管理人は軽自動車を買い替えるため、ディーラーに査定してもらったことがあります。

ディーラーの下取り金額は、30万円でした。

8年落ち・6万キロ走行の軽自動車なので、妥当な線かな?と思っていましたが、もう少し高く売れたらうれしいなと思い、買取店にも査定してもらいました。

申し込んだのは、買取店の査定サイトです。

そのサイトでは1分程度の入力後、すぐに自分の軽自動車の査定相場が画面上に表示されるのですが、なんとディーラーより20万円高い金額でした。

 

カービュー査定

20万円!?と驚きましたが、本当に20万円も高く売れるなら黙ってはいられません。

すぐにディーラーへ連絡しました。すると「見直しますのでお店に来てください」と言われたので行って見ると・・・

なんと30万円から50万円に下取り金額がアップしていました!

実に20万円のアップです。これは大きいですよね。

営業マンは「買取店の50万円よりも高くしたかったのですが、限界なので50万+リサイクル料金の戻しで勘弁してください」と言ってました。

結局50万円でディーラーに下取りしてもらいましたが、今回は査定サイトの買取相場をディーラーに伝えただけで、20万円も高い金額になりました。

最初の査定金額でディーラーに下取りに出していたらと思うと・・・

これならセレナの値引き交渉が苦手でも、簡単にセレナを安く買う事が出来ますね。

 

後日、査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいましたが、やはり50万が限界との事。

仮に買取店の方が高かったら、買取店へ売るのもアリですね。

この時利用した査定サイトはカービューです。約1分の入力後に画面上に自分の車の買取相場が表示されるので、ディーラー査定と比較できておススメです。

 

>>カービューの無料査定はこちら

無料査定

 

↑ PAGE TOP

PAGE TOP